さくらインターネットのレンタルサーバーを利用しながら、他社管理ドメインのDNSレコードのSPF設定

初期設定のままでは、さくらインターネットからGmailへは、ほぼ必ずスパムメール判定されてしまうため、SPFの設定をしました。

さくらインターネットで管理のドメインならばSPFの設定は簡単なのですが、他社管理のドメインの場合、さくらインターネットではDNSレコードを設定できません。

また、ドメインを取得した会社がDNSレコードの設定画面を用意していないことがあります。

今回は、ヒューメイアという所で取得していたドメインをスタードメインへ移管して、DNSの設定をしました。

ヒューメイアではDNSレコードの設定ができなかったのです。(ヒューメイアはかなり最初の頃に業者向けで作られたサービスで、当時ドメイン複数購入では一番安かった記憶があります。)

注意:下記は汎用JPドメインの例です。comなどは移管の認証メールが来るそうです。

ネットオウルでアカウントを作って、先払いをして、スタードメインでドメイン移管申請。

ヒューメイア側で、ドメイン単位で移管申請。

夜間のバッチ処理か、手作業確認かしているようで半日くらいで反映。

スタードメインの管理ツールで下記のように設定。

対象ドメイン名 048.jp
ホスト名 タイプ コンテンツ 優先度
048.jp A 59.106.99.99
048.jp AAAA 2001:e42:101:6:99:999:99:99
048.jp MX 048.jp 10
mail.048.jp CNAME 048.jp
ftp.048.jp CNAME 048.jp
www.048.jp CNAME 048.jp
048.jp TXT v=spf1 +a:honyarara@www000.sakura.ne.jp +mx ~all
chuosanblog.048.jp CNAME chuosan.wpblog.jp

AレコードとAAAAレコードのIPアドレスはさくらインターネット コントロールパネルのサーバー情報参照(例文はIPは一部伏せ字)

AAAAレコードはIPv6を使用している場合。今回はさくらインターネットからGmailサーバーへの遅延問題が発生している時期で、IPv6を優先参照しているらしいとのことで、さくらインターネットのコントロールパネルにてIPv6を有効にして、AAAAレコードを記入。

一応解説

1行目:Aで048.jpを聞かれたら、このIP(IPv4)アドレスへ行くように

2行目:AAAAで048.jpを聞かれたら、このIP(IPv6)アドレスへ行くように

3行目:048.jpのドメインでメールを送信するのは048.jpのAレコードのIPアドレス(AAAAも含むのかも?) 10は優先度の数字。10が最優先

4~6行目:mail.048.jp、ftp.048.jp、www.048.jpが来たら048.jpを見るように

7行目:048.jpのSPFレコード v=spf1の規格で 3行目にあるmxに書いてあるサーバでメールを送る。「~」が付いていると、「認証できない場合もある」ということ。

2014/11/15 追記  +a:honyarara@www000.sakura.ne.jp が足らなかった様子。これがないとWebサーバーのsendmailやPHPメールプログラムなどWebサーバーから送るメールでスパム判定が出る様子。

8行目:chuosanblog.048.jp を聞かれたらchuosan.wpblog.jpを見るように

(8行目のサブドメインはwpblog.jp側でも設定する必要有り)

マルチドメインのフォルダへの割り当ては、Webサーバー.apacheのhttp.confの設定らしいので、さくらインターネットのコントロールパネルの操作だけで良いようです。

(でも、どこかのサイトでDNSサーバをさくらのDNSに変えて、ドメインをフォルダへ割り当てしてやると書いてあったような気も・・・?)

これで、晴れてGmailからスパム判定されなくなりました!

 

参考にさせて頂いたサイト一覧

http://www.chatarou.net/2014/02/08/sakura_spf_2/

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/82senderid/sender103.html

コメント投稿は締め切りました。